食事・料理


インドネシアの代表的な料理といえば? サテ、ソト、ミ? サテは「焼き鳥」、ソトは「スープ」、ミは「そば」です。でもやっぱり・・・なんといっても「ナシゴレン」でしょう。

ナシゴレンとは、チャーハンです。1万3000もの島からなるインドネシア。人が住んでいる島だけでも400あるといいます。島それぞれの味があり、もちろんその家庭それぞれにまた独特の味付け、「お母さんの味」があるのでしょうね。

とはいえ、バリもそうですが、赤道直下に位置する島が大半のインドネシアでは、やはり暑い国ならではの特徴があります。今でこそ冷蔵庫もありますが、食材の保存をきかせるため、揚げ物、炒め物、焼き物が多いのが特徴です。

食材を生で食べることはまずないと考えていいでしょう。食欲が落ちないよう、スパイスを利かせた料理が多いのも特徴です。郷に入れば郷に従えというように、外国にいったらその国のマナーに従うのが礼儀です。

特に食事のマナーは、いっしょに食事をする人に不快感を与えないためにも基本的なものは最低限心得たうえで現地に赴きたいものです。バリに限らず、インドネシアの食事は、基本的にご飯「NASI」のお皿におかずを載せて食べるというスタイルです。

インドネシアではフォークとスプーン、そして時には手を使って、肩肘を張らずに食事を楽しむのがマナーといえばマナーです。みんなで集まってわいわいがやがや仲良く時間をともにすることが大切です。

ただし、イスラム教やヒンズー教の影響から左手は不浄のものとされます。食べ物をもったり、握手を求めたりしてはいけません。小さな子どもの頭を左手で「よしよし」となぜる・・・これは絶対にやめましょう。


Copyright © 2008 バリ島旅行・観光ナビ. All rights reserved