シーフードとエスニック料理


バリだけでなく、インドネシア全体にわたっておいしいシーフードを楽しむことができます。また、ここは中国料理材料の豊富な国ともいえるでしょう。エビやカニはもちろんのこと、上質のフカヒレやツバメの巣、ナマコ、ウミガメの卵の産地だからです。

中国料理では、ハト、カエルなどもおいしい食材と化します。バリ島では外国人観光客が多いことから、シーフードはバーベキュースタイルでいたるところで楽しめまた。小さな路地など、目の前で新鮮な魚介類を料理してくれる店が建ち並び、おいしい香りが立ち込めています。

また、多民族ゆえに、多彩なエスニック料理も堪能できます。バリ島独自、というよりもインドネシア全体の料理を多彩に楽しむことをお勧めします。

インドネシア料理の代表は、スマトラのパダンを発祥の地とするパダン料理でしょう。魚介類のほかにカンピンと呼ばれる羊、牛、鶏料理も豊富です。味は数種類のスパイスをミックスしたものを利用し、唐辛子が利いたホットなものが多いといえます。

パダン料理専門のレストランで面白いのは、その店でできる料理の大半がテーブルに並べられ、客は自分が食べた分だけを支払うというシステムです。ピリカラなパダン料理に対し、一般的に甘い味付けは、ジャワ料理です。ジャワでは伝統的な宮廷料理を楽しむことができます。

しかしジャワ料理が普通のレストランで楽しめるようになったのは1980年代以降です。庶民の料理としては「サテ」という焼き鳥、「ソト」というスープが代表的です。味付けは家庭によってさまざまです。


Copyright © 2008 バリ島旅行・観光ナビ. All rights reserved