バリ島へのアクセス


インドネシアは「インドの島々」という意味です。インドネシアは東南アジアの南東部に位置し、大小1万3000を超える島々から成る国です。

面積は日本の約5倍で、ジャワ、スマトラ、カリマンタン、スラウェシ、イリアン=ジャヤなどが主要な島となります。主な島々は赤道直下に散在していることから、ほぼ全域が熱帯で、高温多湿です。

各地で水耕栽培が行われています。スマトラ島のゴム栽培は有名で、世界的な天然ゴムの生産国です、コブラ、香料などの農産物の生産も盛んです。地下資源にも恵まれ、石油はこの国の最も重要な輸出品となっています。人が住んでいる島は400程度です。

バリ島は、首都ジャカルタがあるジャワ島の東隣の小さな島です。しかし、二期作、三期作が可能なことから食糧供給が豊かで、観光資源にも恵まれているうえ、芸能なども盛んな魅力ある島です。

東京とインドネシアのジャカルタの間には、空路の直行便がありますし、クアラルンプールを経由する便もあります。直行便では、約7時間15分の所要時間です。

なかでもバリ島へは、東京、名古屋、大阪、福岡からの便があり、日本人観光客がバリ島ではいちばん多い、という状況もうなずけます。日本との時差は東部、中央、西部でちがいがあります。日本と東部の時差はありません。

バリ島は中央部にあたり、日本の1時間おくれです。西部は2時間おくれとなります。中央部のバリでは日本が正午のときに午前11時ということになります。そのため旅行しても身体にほとんど負担なく現地に着くことができます。


Copyright © 2008 バリ島旅行・観光ナビ. All rights reserved