グローブの香り


インドネシアを訪れると人の集まるところなど、どこででもどことなく甘い香りがします。グローブ(丁子)の香りです。インドネシアのタバコには、クレテックと呼ばれるグローブの小さな片が味付けとして混ざっているからです。

バリ島を訪れたら、地元の人たちが集まる小食堂や、バスなどでちょっと鼻を利かせてみてください。きっと、甘くさわやかな香りがすることでしょう。

グローブには、防腐、防虫成分が含まれています。スパイスとして料理に使うだけでなく、医薬品、媚薬、防虫剤、口内清涼剤として古くから珍重されてきました。

しかしこのグローブの産地については、まったく知られていなかったことから、大航海時代になって初めてそれがインドネシアのモルッカ諸島とわかると、この地域は香料諸島と呼ばれるようになったといいます。

西洋諸国の熱い視線を浴びることになったのです。マゼランの地球一周もこの香料諸島に西回りで到達することを大きな目的としていたといいます。

スマトラのトバ湖の周辺や、タナ=トラジャなどの観光地はもちろんのこと、バリでも、観光地には、乾燥してスパイスにする白いつぼみをつけたグローブの木をみかけることができるかもしれません。

海外に出かけるとその国独自の香りがするものです。韓国ならキムチでしょうか、インドならカレーの匂いかもしれません。目だけでなく五感を研ぎ澄ませて全身でその土地の空気を感じてみるといいかも知れません。


Copyright © 2008 バリ島旅行・観光ナビ. All rights reserved