島の交通機関


バリ島と島外を結ぶ交通路としては、島の南部にデンパサール国際空港があります。また、バリ島内の交通手段としては、観光客としてはバスが中心となるでしょう。というのも、島内には鉄道がないからです。

道路は主要都市を結びながら海外に沿って延び、島を一周する形となります。内陸部は地形の特徴から南北に道路が発達しており、東西の道路はあまりありません。村と村を結ぶ道路や村の中の各地を結ぶ道はほぼ舗装されています。

道路の通行にさほど問題はないでしょう。庶民の足は原動機つき自転車です。観光用としては冷房つきのバスが毎日数本出て、各観光地を結んでいます。庶民の主な公共交通機関は、「ベモ」と呼ばれる小型の乗り合いバスです。安くて小回りが利き、庶民の欠かせない足となっています。

タクシーは、デンパサール周辺にはメーターつきのタクシーがありますが、それ以外では、チャーター車といって、メーターのないタイプのタクシーとなります。料金は乗車時に交渉となります。

そのほか、オジェックというバイクタクシーもあります。まだまだ素朴なインドネシアでは、都市によってさまざまな庶民の足がのこっています。ジャカルタでは、自動三輪車のハジャイが便利ですし、古都ジョクジャカルタやソロでは、いまもなおペチャと呼ばれる人力三輪車や馬車が活躍しています。

機会があれば是非、これらの庶民の足を利用してみると彼らの生活の一端に触れることができ、有意義な旅となるのではないでしょう。


Copyright © 2008 バリ島旅行・観光ナビ. All rights reserved