ガムラン


バリ島は、島の中央の山のなかの湖からトンネルを掘って島全体に水を供給する技術に長けていることから島全体で昔から豊かな食糧を生産できてきました。米は二期作どころか三期作さえ可能で、人びとは余裕をもった生活をすることができます。

農民は、朝夕2,3時間ほど働き、残りの時間は芸術活動にいそしみます。バリ踊や、その伴奏にも使われるバリカムラン、舞踏芸術のケチャが有名ですが、そのほかにも絵画、彫刻、音楽、ダンス・・・など、バリは芸術の島なのです。

土着の信仰とヒンズー教の融合によって、独自の宗教を生み出したバリ島では、さまざまな宗教儀礼や多彩なパフォーマンスを楽しむことができます。このような儀礼や舞踏に欠かせないのが、ガムラン音楽です。

ガムランというのは、楽器のことです。音楽そのものをさす場合もあります。青銅の打楽器や竹製の笛、太鼓、弦楽器など、編成はさまざまです。繊細で、かつ激しい調べは伝統的な定旋律を中心としながらも、即興性が強く、バラエティに富みます。

ガムランは、「叩く、つかむ、あやつる」を意味する動詞、ガムルという動詞ガムルの名詞形です。そのためガムランには叩いて音を出す楽器意がほとんどです。

日本では、沖縄県立芸術大学や東京音楽大学付属民族音楽研究所で広く一般芋門戸を広げ、この音楽を紹介しています。今後は、芸術大学で正式なカリキュラムで学べるようになるよう、環境を整えていくことが課題とされています。


Copyright © 2008 バリ島旅行・観光ナビ. All rights reserved