ワヤン・クリット


インドネシアのジャワ島やバリ島では影絵芝居が盛んです。この伝統的な影絵芝居、およびそれに用いられる操り人形を「ワヤン・クリット」といいます。

ワヤン(Wayang)は「影」、クリット(Kulit)は「皮」を意味します。人形は牛の皮でできており、部分的に細かな穴が開いています。これによって人や動物の形が単に全体的に陰となるのではなく、身体の各部分の輪郭も表れるのです。

人形には中心に1本の太い棒がついていて、下がとがっています。これによって、スクリーンの手前の座に人形を突き刺しておくことで、人形を出演したままにすることができ、人形遣いは複数の人形を操ることができるのです。

影絵の仕組みは、白いスクリーンを貼って、その裏から石油ランプを当てるという方法をとります。間にワヤン・クリットの人形を置いて、芝居を行うのです。

人形遣いは一人で、スクリーンの裏で語りをしたり効果音を出しながら数々の人形をスクリーンマーク近くで操ります。スクリーンから遠ざけると、影は少しぼやけながら、大きく映し出されます。観客は石油ランプや人形の反対側から鑑賞することになります。

人形には着色が施されています。観客からは当然、この着色は見えません。スクリーンの裏側はあの世であるとされ、あの世では色のついた美しい世界が現世では白黒にしか見えない、という宗教的な意味は込められているのです。

人形を操る人は「ダラン」と呼ばれます。これらの芝居はヒンズー教寺院での祭りで行われ、「マハーバーラタ」や「ラーマーヤナ」といった、インドの古代叙事詩が主な演目となります。10世紀にはすでに演じられていたという記録があるほど伝統ある芸能です。


Copyright © 2008 バリ島旅行・観光ナビ. All rights reserved